2020年を振り返って

  • by

2020年を振り返り、SLOW LIFEに来てくれた素晴らしいボランティアのみんなや私たちのしてきた仕事を紹介します。

私は1月にイギリスでの休暇から帰って来た後、危なげに侵食されていたボランティアハウスの拡張部分の解体に取り掛かりました。解体業者に来てもらうには時間が必要だったため、私たちで取り壊すことに決めました。スレッジハンマーやチェーンソー、バール、手鋸、縄を使っての手作業でした。熱中していたあまり終わるまで写真を撮ることを忘れていました!取り壊しと解体後の材木などの片付けに2月の終わりまでかかりました。

3月頃にキッチンガーデンの竹のうねとフェンスを完成させました。手伝ってくれたみんな本当にありがとう。特に配置と整列をしたアンソンとコルジャは素晴らしい仕事をしてくれました。1年近く経った今少しの修理が必要ですが、良く持ち堪えていて、これからも維持していけそうです。 キッチンガーデンのブログ記事 にて何を育てているか見ることができます。

糸島は牡蠣の養殖と牡蠣小屋でよく知られています。牡蠣小屋では地元の海で獲れた海の幸を自分で調理することができます。砕かれた牡蠣殻はよく造園業にて、小道を作るために使われますが高価です。ですが、5、6トンの牡蠣殻をなんと1万円で配達までしてもらうことができました!それを使って私たちは海が見下ろせる道を作りました。砕かれていない牡蠣殻なので周りの景色ともよく合っています。何トンもの牡蠣殻を運ぶのは大変な仕事でした。手伝ってくれたみんなありがとう!

4月に丘の上の木造の家をairbnb上でゲストハウスとして運営を開始することができました。1年目でしたがお客様に満足して頂くことができ大成功でした。airbnbにて私たちのプロフィールをチェックしてみてください。 https://airbnb.com/h/slowlifejapanitoshima ジェラードとラウルがゲストハウスの前のピクニックテーブルを作ってくれました。ありがとう!ただ去年の終わりに、バルコニーが古くなってきて取り壊す必要が出てきました。そのバルコニーの解体中にゲストハウスのコンクリートの基礎がひどく侵食されていることが判明し、現在修復工事を行っています。

夏が始まり、皆さんにも何に時間がかかったかは予想がつくと思います。草刈りと草抜きです!ここらへんの植物の勢いは本当にすごいんです。ただ今夏にいずれは雑草を抑えることができる植物を数カ所に植えることができました。家の前からいくつかのアロエをとり、コンクリートの壁のエリアの下に植えました。そこに「pig face(アイスプラント)」という多肉植物も植えたので、コンクリートの壁の下のエリアはいずれアロエと数百のアイスプラントの綺麗な花で覆われるでしょう。またハランも株分けをしてキッチンガーデンの下に植えたので、このエリアをカバーしてくれるでしょう。

夏にかけてオーストラリアから来たジェラードというボランティアが何週間も居てくれたのは恵まれていました。ジェラードはオーストラリアで彼自身の造園会社を経営していました。そのようなスキルと経験を持った人がいてくれたことで、すごく助けられました。私は彼から多くのことを学ぶことができました。彼は私から何も学んでいませんけどね!ジェラードは芥屋のゴルフクラブでアルバイトを始めました。そこは日本で唯一の外国人のゴルフコース管理人がいる場所で、その方を通じてジェラードは無料で何トンものウッドチップを手配してくれました。ウッドチップはお茶畑に撒くことで雑草を抑えています。

夏にはまたジョージという日本人が長期で引越して来ました。私の日本語はまだとても拙いので、日本語を読んだり話したりすることのできる人がいてくれると助かります。前は私の妻のなおこがしてくれていましたが、彼女はその仕事が好きではありませんでした。ジョージは私たちのプロジェクトと何人もの助けになる人を繋いでくれました。地元の種苗屋さんや養蜂家さんなどもです。彼はまた地元の日本人の方々を、1週間に1度ボランティアとして手伝いに来てくれるように手配をしてくれました。夏の終わりから世界規模の渡航規制がかかっているので、新しいボランティアが来ていませんが、地元の方々に来て頂いているので安心です。

夏からボランティアとして来てくれているロシアから来たインガとエイジはよく働いてくれて、インガはゲストハウスの掃除と準備で素晴らしい仕事をしてくれました。

春と夏の間にユアムという韓国出身のアーティストがコンクリートの壁に壁画を描いてくれました。ユアムはスコットが描いたインターナショナルツリーにさらに描き加えて、SLOW LIFEの周りにいる植物や動物を描いてくれました。

そして私たちが手を焼いているのはお茶畑です。綺麗に育っている部分とそうではない部分がまだらになっています。たくさんの苗を植えましたが、死んでしまった苗も少なくありませんでした。計画は見た目の揃ったお茶の木の列を作ることです。お茶の木は成長が遅いので達成に時間はかかりますが。来年どうなるか楽しみです。

アメリカ・オーストラリアガーデンの頂上にある長さ55メートル・高さ1メートルの岩の壁の作業を続けました。エイデンとカラ、えみこありがとう!3人はこの作業が自然と上手で、素晴らしい仕事をしてくれました。手伝ってくれた他のみんなもありがとう。壁はまだ完成していませんが、あと4分の1も残っていない程度です。

11月にはSLOW LIFEの庭園にて英会話イベントを開催し大成功でした。今は毎月第1土曜日に開催されています。イベントはみんなで庭園を歩き回りながら英語を話すというシンプルな内容です。庭園を歩き回った後はみんなで美味しい飲み物とおやつを頂きながら英会話を練習しています。現在は毎回6名ほどが参加されていて、来年にはより多くの方々に来て頂けたらと願っております。詳細は イベント ページをご覧ください。

過去2年間に来てくれていたみんなは家の前にあったどんどん大きくなる木材の山を覚えていますよね。12月までにはあのエリアのほとんどを片付け終わり、下にあった道路をみることができました。まだ木材はたくさんありますが、来年にはあの場所に駐車場を作る予定です。

このWebサイトを読んでいるということは、お気づきの通りこれも新しく作ったものです。インガとエイジがセットアップを手伝ってくれて、Webサイト自体は私が作りました。ジョージが日本語に翻訳をしてくれています。FacebookとInstagramのアカウントもあるのでチェックしてみてください。

2021年には岩の壁を完成させて、オレンジ栽培温室風の建物の建設をしイギリス庭園を作り、スキルワークショップや収穫デーなどのより多くのイベントを開催し、もっと植物に時間をかけていく予定です。良い年になることを祈っています。

SLOW LIFEにボランティアに来てくれていたみんなありがとう! スタッフ ページからみんなの写真を見ることができます。

2020年にSLOW LIFEで行ってきたことについてもっと知りたい方は ブログ ページよりご覧ください。

SLOW LIFEに関わったみんなの2021年が素晴らしいものになりますように。

デービッド